聖蹟桜ヶ丘のコーヒーショップ 「tackbeans」

コーヒーを軸に「人」「もの」「こと」が繋がる場所「tak beans」(聖蹟桜ヶ丘)

コーヒーを通して、新しい発見・新しい出会いを提供する

「tak beans」は、「人・もの・ことが繋がる場所」がコンセプトのコーヒーショップ 。

中煎りから深煎りの深さをメインにしているため、コーヒーの酸味が苦手という方でも、スペシャルティコーヒーの特徴である果実感を楽しめる。

逆に浅煎りが好きな方は、中煎りから深煎りならではの「甘み」を発見できるはずだ。

店内に入ると、オーナーの松崎さんと繋がりがある店舗のお菓子・ケーキ・食器がずらりと並んでいる。

また、月に1度朝市を企画し、店内で野菜や豆腐などを販売することもある。
そのため、訪れるタイミングによって、商品だけでなく店内のレイアウトも大きく変わる。

コンセプトの通り、コーヒーを飲みに来る度に、新しい発見や出会いがあるコーヒーショップ と言っても過言ではない。

takbeansの店内
tackbeansの焙煎機

地域に根付き、デイリーユースされるコーヒーショップ

「tak beans」では、聖蹟桜ヶ丘の人たちにデイリーユースされるために、様々な取り組みを行っている。

最もわかりやすい取り組みは、聖蹟桜ヶ丘という地域に合わせたコーヒーを提供していること。

聖蹟桜ヶ丘では浅煎りコーヒーを出しているコーヒーショップが少ない。
そのためか、浅煎りのコーヒーで感じる酸味に馴染みがなかったり、抵抗感がある人が多い。 

しかし、スペシャルティコーヒーはその特徴である果実感が味わいやすい、浅煎りで出しているお店が多い。

「tak beans」もスペシャルティコーヒーを提供しているが、浅煎りではなく中煎りから深煎りがメインだ。

それは、浅煎りに馴染みがない聖蹟桜ヶ丘の人でも、スペシャルティコーヒーを楽しんで欲しいから。

中煎り・深煎りでも酸味は残るが、浅煎りと比べるとかなり飲みやすくなり、スペシャルティコーヒーの果実感も味わえる。

「tak beans」では中煎りから深煎りの美味しさを追求するために、焙煎機は直火式を使っている。
そのため、「tak beans」のコーヒーでは、中煎り・深煎りならではの「コク」「甘み」「深み」を感じられるはずだ。

コーヒーの味以外にも、一杯420円と相場よりも少し安い価格で提供していたり、コーヒー豆は少量の100gから購入できたり、と様々な取り組みを行っている。

このようにコーヒーだけにこだわりすぎることなく、聖蹟桜ヶ丘という土地の特徴に合わせた柔軟な取り組むを見ると、地域に根付き地域と共に成長していくコーヒーショップ であることが伺える。

tackbeansの外観
tackbeans

スペシャルティならではの果実感とミルクの甘みが調和するカフェラテ

カフェラテに使用するエスプレッソ用のコーヒー豆は、中煎りから中深煎りを使用している。

中煎りから中深煎りのため、スペシャルティコーヒーならではの果実感が残る。

その果実感がスチームしたミルクの甘みと合わさるため、お砂糖を入れなくても甘みとコーヒーのコクが楽しめる極上のカフェラテになる。

tackbeansのカフェラテ

酸味・甘さ・コクを感じられるコーヒー豆「エルサルバドル シャングリラ」

スペシャルティコーヒーの魅力である果実感が味わえるコーヒー豆といえば、エチオピア 。

ただ、スペシャルティコーヒーの魅力はそれだけではない。
焙煎を深くしていくと味わえる甘みも、スペシャルティコーヒーの魅力だ。

その甘みを味わやすいコーヒー豆が「エルサルバドル シャングリラ」。

「tak beans」でも中煎り・深煎りともに人気があるメニューだ。

その ため、
「tak beans」でスペシャルティコーヒーを飲んでみたいけど、何を飲んでいいかわからない
という方は、まず「エルサルバドル シャングリラ」を飲んでみて欲しい。

tackbeansのエルサルバドル・シャングリラ
tackbeansのオーナー松崎さん

地域に根付き、地域と成長するコーヒーショップ

「tak beans」は2020年で開店から8年目になる。
「tak beans」が開店したばかりの時期は、コーヒーショップという存在がほとんどなかった時代だという。

その時代からずっとコーヒーショップ を続け、地元の方に合わせたコーヒーの研究、グループランなどのイベント・コミュニティづくり、繋がりあるショップとのコラボやイベントを通して、聖蹟桜ヶ丘という土地へコーヒーを通して刺激を与え続けている。

もし聖蹟桜ヶ丘でコーヒーに興味を持っている方は、まずは「tak beans」に訪れて欲しい。

飲みやすく、それでいてコーヒーの美味しさをこれまで以上に感じられるコーヒーに出会えるはずだ。

コーヒーのことが全くわからないなら、ぜひオーナーの松崎さんに色々と質問して欲しい。
きっとわかりやすくコーヒーのことを教えてくれる。

そして、できれば何度も通ってみて欲しい。

おそらく何度も通うことで、新しい「もの」や「こと」を発見できたり、新しい「人」に出会えるはずだ。

住所〒206-0002 東京都多摩市一ノ宮3丁目7−16
営業時間火・木・金:8時30分〜20時00分
水:8時30分〜19時00分
土・日・祝:8時00分〜19時00分
定休日:月曜日(祝祭日が月曜日の週は、火曜日が休み)
※営業時間・休業日は変わる可能性があるため、毎月の営業スケジュールはtak beansのインスタか店頭カレンダーをご確認ください。
電話番号042-313-7683
テイクアウト
Wifi・電源
駐車場提携のコインパーキング有
※1,000円以上お買い上げの方は駐車料30分サービス
席数2席
※時期により増減有)
ホームページのURLhttp://takbeans.com
インスタグラムのアカウントhttps://www.instagram.com/takbeans