スペシャルティコーヒーと向き合うための場所「Khazana Coffee – カザーナコーヒー」(八王子)

みずき通りに店を構える、八王子の老舗

「八王子のスペシャルティコーヒー」といったら、今回ご紹介するロースタリー「Khazana Coffee(カザーナコーヒー)」を一番に思い浮かべる人が多い。

今ではスペシャルティコーヒーに特化した、いわゆるサードウェーブのコーヒーを提供するお店は、街を歩けば簡単に見つけられる。

しかし、カザーナコーヒーがスペシャルティコーヒーを提供し始めたのは、今から15年も前。
今では認知度がグッと上がり市民権を得た「スペシャルティコーヒー」を、15年もの長い間、ここ八王子で淹れ続けている老舗であり、地域に強く根付いたロースタリーだ。

優雅な店内に並ぶ、各国のコーヒー

長年、地域から愛され、さらには市外のコーヒー愛好家からも愛され続けるカザーナコーヒー。
近場に住んでなくてもわざわざ訪れたくなる理由は、一度お店に足を運べば納得できる。

上品な雰囲気を感じられる店内。
外から覗いた時に、その優雅な空気感と「スペシャルティコーヒーの老舗専門店」という評判に、ちょっとハードルが高く感じてしまうかもしれない。

しかし、店内のあらゆるところに彩られた植物とふんわり漂うコーヒーの香りが、自然と気持ちをリラックスさせてくれる。

入って左手側には、各種のスペシャルティーコーヒーがズラリと並ぶ。
その数の多さに驚く人も多いだろう。

生産地や特徴が丁寧に記載されていて、その味の違いをそれぞれ想像してしまう。
目の前にあるコーヒー豆ひとつひとつがどこで生まれ、どんなストーリーを持っているのか。
物質的にある「コーヒー豆」の、奥の奥の方まで感じ取れることが、カザーナコーヒーの醍醐味と言えるだろう。
常に2種類のコーヒーの試飲も可能なので、実際に飲んでみて今日の好みを決めるのもいい。

かといって、「コーヒーに詳しくないと楽しめないのか」と言われると、全くそうではない。
店主の栗原さんが丁寧に接してくれ、コーヒーというカルチャーそのものの面白さを伝えてくれるはず。

本当の意味で「コーヒーと向き合える」

カザーナコーヒーを訪れると感じられるのが「コーヒーと向き合える」ということ。

栗原さんは、「いつ、どこで、誰が作っているものなのか」を意識し、そこに関わってくれた人たちに最大のリスペクトを込めて、豆や1杯のコーヒーを提供しているそう。
そんな栗原さんの思いは、彼のお客さんに対するひとつひとつの気遣いに表れている。
提供する時間帯や、お客さんが食前なのか食後なのか、ひとりひとりとコミュニケーションをとり、レシピを相手に合わせて変えている。

特に、他ではあまり体験できないのが、挽いた直後の豆の香りを嗅がせてくれること。

混雑状況もあるので、”時間が許す限り”になってしまうが、コーヒーの魅力を最大限お客さんに伝えたいという、栗原さんの思いやりが強く感じられる。

コーヒーを最大限に楽しむための工夫は、それだけじゃない。
「全てのデザインに意味がある」と考える栗原さんは、それぞれのコーヒーに合った器に注いで提供してくれるのだ。

「思いやりを目に見える形にするために、お出しする器にもこだわっています。」
香りや色の見え方、口あたり、そして手に持った時の温度の感じ方。
器によって変わってしまう要素だからこそ、そういった部分にも気遣いを怠らない。
“五感でコーヒーを楽しめる場所”、そんな表現がぴったりだ。

人が持つ感性を駆使して、コーヒーと向き合う。

パソコンで仕事をしながら片手に飲むコーヒー、スマフォを見ながら飲むコーヒー。
そんな日常に溶け込む1杯も素敵だが、ここでは1杯のコーヒー、そして自分の感性と向き合って飲みたくなってしまう。

夫婦二人三脚だからこそ伝わる、細かなニュアンス

カザーナコーヒーは、夫婦二人三脚のお店だ。
ドリップは旦那さんが担当し、奥さんは豆の焙煎を担当している。
旦那さんは奥さんを「うちの心臓です」と紹介してくれた。

カザーナコーヒーは元々、奥さんが始めたお店だそう。
今では夫婦で切磋琢磨し、ともにコーヒーの美味しさを追求している。

「もっとこういう味わいを出したい」という旦那さんの声に、焙煎時点で対応できるのも、夫婦だからこそ。
細かいニュアンスも伝え合える2人のあたたかな関係が、1杯のコーヒーに凝縮されているといっても過言ではなさそうだ。

ルーツから生まれるカザーナの味

洗練されたコーヒーを提供してくれることは、行った事がある人はもちろんのこと、周りから評判を聞いた事がある人でもなんとなく伝わっているはず。

なぜ15年もの長い間、手を抜く事なく継続してお客さんを喜ばせ続けられているのか。
それを探ると、旦那さんである栗原さんのルーツが見えてきた。

栗原さんはインド発祥の弦楽器、シタール奏者という別の顔を持つ。
音楽や文学、芸術に興味を持っていた栗原さんは、インド音楽に初めて触れた時ものすごく感動したと言う。
その感動から、インドにも足を運ぶようになり、音楽や文化、思想、さまざまなモノやコトに触れてきたそうだ。

店名の「カザーナ」はインドで用いられるウルドゥー語で、「宝物」を意味する。
色々なことを経験したからこそ言える栗原さんのお話に、日々美味しいコーヒーを淹れることに通ずるエピソードがあった。

シタールの先生から、「一個一個の音を、大事に繋げなさい。」と言われたことがあったんです。
なんだかその時、自分の汚い部分を映す鏡を自分の目の前に置かれた気がして。
今までガサツに生きてきたことに気付かされたんです。

汚い部分は隠すのでなく、磨いていくしかない。

だから、誰も褒めてくれない、見てない部分をいかに丁寧にやっていくか、そこをとても考えさせられました。

コーヒー屋として当たり前のことですが、”良い豆”を”丁寧”に。
そして発する言葉であったり、ひとつひとつの行動に”思いやり
“を意識して、コーヒーを淹れるようにしているんです。

大きな単位で考えるのはやめて、まずは自分の身の周りから。
お客様を含む自分の周りの人には、コーヒーを通じてリラックスして付き合っていきたいなとずっと思っています。

「丁寧」、「思いやり」という言葉を何度も発す栗原さん。
栗原夫妻の所作を見ると、その言葉を大切に生活しているということがとてもよく伝わる。
最後に、「栗原さんにとってコーヒーとは?」と投げかけると、こう返ってきた。
恥ずかしくて言えないです。
大事な場面に取っておいてます(笑)。

コーヒーに携わってる人がコーヒーのことで行き詰まった時に、一緒にお酒でも飲みに行って、酔っ払った時にポロっと言いたいですね。

丁寧に焙煎され、思いやりと一緒に抽出され届けられるカザーナのコーヒー。
それは豆を育てた人やそれに関わった人、焙煎した人、淹れた人、そして飲み手、
それぞれのストーリーや想いを鮮明に映し出してくれる鏡のような1杯だ。

住所東京都八王子市本町2−5 1F
営業時間10:00~18:00
定休日: 月・火
電話番号042-649-7230
テイクアウト
WiFi・電源無・無
駐車場
席数6席
ホームページhttps://www.khazana-coffee.com
インスタグラムのアカウントhttps://www.instagram.com/khazanacoffee/?hl=ja